Excelのラムダ関数でかんたん自動化?

PC

ExcelにLambda関数が追加されるようです。

「Excel」にラムダ関数、ベータ版でテスト中 ~Excelの数式はチューリング完全な言語に

簡単に言えば、「LAMBDA」は「Excel」の関数・数式を組み合わせて名前付きのユーザー定義関数を定義し、

そのワークブックの中で再利用できるようにする関数だ。

セルに関数と数式の組み合わせを記述するのと何が違うのか、いまいち理解できませんでしたが、

以下の記事を読んだところ、「記述がシンプルになるため、関数作成者以外でも理解しやすい」というのがメリットのようです。

Excelの数式言語で独自のカスタム関数を定義できる「LAMBDA」をMicrosoftが発表

例えば以下のように、ロケーションがエンコードされていてるステーションIDの中からロケーションの値だけを引き出したい場合……

これまでであれば以下のような関数を入力することになりました。ただしこの場合、ロジックにエラーを見つけ、その値を都度手動で修正する必要があり、その過程でミスが発生する可能性が高まります。また、数式の作成者以外が見た時に目的が分かりづらいという問題もありました。

= LEFT(RIGHT(B18、LEN(B18)-FIND( “-“、B18))、FIND( “-“、RIGHT(B18、LEN(B18)-FIND( “-“、B18)))-1)

しかし、LAMBDA関数を使って「GETLOCATION」という名前で以下のような関数を作成すれば、エラーが発生してもたった1箇所を修正するだけでよいとのこと

= LAMBDA(stationID、LEFT(RIGHT(stationID、LEN(stationID)-FIND( “-“、stationID))、FIND( “-“、RIGHT(stationID、LEN(stationID)-FIND( “-“、stationID)) )-1))

実際に使ってみたいところですが、現在はベータ版とのことなので、急ぐ必要はないと思っています。

LAMBDA 関数

LAMBDA 関数を使用して、カスタムの再利用可能な関数を作成し、それらを親しみ名で呼び出します。 新しい関数はブック全体で使用できます。ネイティブ Excel 関数と同様に呼び出されます。

よく使われる数式の関数を作成し、(エラーが発生しやすい) この数式をコピーして貼り付ける必要をなくし、独自の関数をネイティブの Excel 関数ライブラリに効果的に追加することができます。 さらに、LAMBDA 関数には VBA、マクロ、JavaScript は必要ないので、プログラマー以外のユーザーも使用できます。

「親しみ名」っていいですね。原文はニックネームでしょうか。

ノンプログラミングツールの説明でよく見かける「プログラミングできなくても使える」といううたい文句があります。

確かに定義上はその通りですが、プログラミング的な思考ができないと使いこなせない機能が多い、という印象を持っています。

そのため、プログラミングができない人が使える、というよりは、独自のプログラミング言語を勉強しなくても、プログラミングできるというのが実態に近いと思います。

RPAとかも同様の切り口で営業していたように思いますが、導入企業した企業内の実態が気になるところです。

 

タイトルとURLをコピーしました